構造とつまりの原因

便器のタイプには、腰かけるタイプの「洋式」と、しゃがみ込むタイプの「和式」がありますが、家庭用トイレでは洋式が多いため、ここでは洋式を中心としてとりあげます。

まず、洋式トイレの構造について理解しましょう。洋式トイレはタンク、便座、便器から成り立っています。つまる部位は主に便器の排水路です。便器内部の排水路は、汚物を洗浄水とともに排出させる通路で、幅が広ければつまりにくくなりますが、限られた水量で効果的に排出させるため、幅をむやみに広くすることはできません。

トイレットペーパー便器の排水路に異物がつまる原因としては、トイレットペーパーを大量に流してしまった、携帯電話などの異物を流してしまった、などのほか、タンクから流れる水量が少ない、ということが挙げられます。

異物を流してしまったことが原因でつまっているなら、それを除去することが解決策になります。一方で、タンクから流れる水の量が少ないのであれば、タンク内の異常を突き止めるのが対処策の第一歩となるでしょう。トイレの構造として、タンク内に一定量の水をため、一度に流すことで効果的に便器を洗浄するようになっています。タンク内に一定量の水がたまると浮き球が上がり、給水が止まります。もしも異物が挟まっているなどし、浮き球が正常に機能しないと、タンクに十分な量の水がたまらず、流れが悪くなるでしょう。水量が適切に調整されれば、トイレのつまりも解消されることがあります。

このように、トイレのつまりを上手に解消するためには、トイレの構造とつまりの原因を知ることが大切になってきます。続いては、つまりをなおす方法について触れていきたいと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

トイレのつまり対処法

トイレは日常的に利用する場所であるだけに、つまってしまうと困るものです。また、トイレのつまりは頻発するわけではないので、突然トラブルが発生するとどう対処してよいか分からず、困ってしまうことが多いでしょう。

トイレのつまりの対処方法が分からないのは、主にトイレの構造がよく分からないためであることが多いです。トイレの構造が分かっていれば、症状からある程度原因を想定することができ、的確な処置をすることができるでしょう。また、自分でなおせるのか、それとも業者を呼ぶべきなのか、悩まずに判断することができるでしょう。

業者一般に、業者を呼ぶと費用が発生するので、できるなら自分で対処したいと考える人が多いのではないでしょうか?しかし、つまりの原因によってはプロにしかなおせないものもあり、自分で間違った方法で対処しようとすると、返って事態を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

例えば、ケータイ電話などの異物を流してしまい、排水管の奥の方で引っかかっている場合、自分で取り出すことはほとんど不可能でしょう。このような場合、業者にお願いして専用器具で取り出してもらうのが、正しい判断といえるでしょう。

このようなケースのように自分で対処しようとして、長い棒で便器をつついてしまうと、便器や配水管が傷つき、本来不必要だった修理が必要になってしまうこともあります。そのため、トイレの構造を知り、正しい方法でつまりを解消することが大切だといえます。ここでは、トイレの構造とつまりの原因、そして、対処方法について考えましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket