トイレのつまり対処法

トイレは日常的に利用する場所であるだけに、つまってしまうと困るものです。また、トイレのつまりは頻発するわけではないので、突然トラブルが発生するとどう対処してよいか分からず、困ってしまうことが多いでしょう。

トイレのつまりの対処方法が分からないのは、主にトイレの構造がよく分からないためであることが多いです。トイレの構造が分かっていれば、症状からある程度原因を想定することができ、的確な処置をすることができるでしょう。また、自分でなおせるのか、それとも業者を呼ぶべきなのか、悩まずに判断することができるでしょう。

業者一般に、業者を呼ぶと費用が発生するので、できるなら自分で対処したいと考える人が多いのではないでしょうか?しかし、つまりの原因によってはプロにしかなおせないものもあり、自分で間違った方法で対処しようとすると、返って事態を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

例えば、ケータイ電話などの異物を流してしまい、排水管の奥の方で引っかかっている場合、自分で取り出すことはほとんど不可能でしょう。このような場合、業者にお願いして専用器具で取り出してもらうのが、正しい判断といえるでしょう。

このようなケースのように自分で対処しようとして、長い棒で便器をつついてしまうと、便器や配水管が傷つき、本来不必要だった修理が必要になってしまうこともあります。そのため、トイレの構造を知り、正しい方法でつまりを解消することが大切だといえます。ここでは、トイレの構造とつまりの原因、そして、対処方法について考えましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket