つまりを予防するには

トイレは正常に使っていればめったにつまることはありませんが、物を落としてしまったり固形物を流してしまったり、といったことでつまりやすくなるものです。また、他にも、何気なくしていることがつまりの原因になっている可能性があります。ここで、トイレのつまりの原因をつくらないためにできることについて考えましょう。

基本的なこととして、携帯電話や鍵など、異物を便器に落としてしまったときにはすぐに取り出しましょう。こうした固形物が排水路に引っかかっていると、しばらく問題なく使える場合でも、徐々にそこにペーパーなどが蓄積され、流れなくなってしまうでしょう。

ティッシュペーパーまた、生理用ナプキンや水に溶けないティッシュペーパーなども、つまりの原因になるので流してはいけません。さらに、食事の残飯や細かいゴミなどをトイレに流して処理する人もいますが、固形物は小さくてもトイレのつまりの原因になるので流さないようにしましょう。

トイレがつまりやすくなる別の要素として、節水のためにタンクの水量を調節していることが挙げられます。タンクにペットボトルを入れておくと、タンクに溜まる水の量を減らせるので節水になります。しかし、あまりにも水量が少ないと、一見流れたように見えても排水路にペーパーが留まっていることがあり、つまりの原因になります。タンクの水量は、十分に流れる程度に保ちましょう。

以上のポイントに注意し、トイレのつまりを防ぎましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

つまりをなおす方法

トイレの排水路がつまった時の対処方法として、ラバーカップを使うことが多いのではないでしょうか?便器内部の排水路の軽いつまりであれば、ラバーカップでなおせることがあります。

ラバーカップラバーカップが向いているのは、トイレットペーパーを大量に流してしまったときや、まちがえて生理用ナプキンなど水に溶けないものを流してしまったときなどです。ラバーカップを使うときには、排水口に当ててゆっくりと押し、勢いよく引くのがポイントです。押すときも勢いよくしてしまうと、異物をどんどん奥へと押しやってしまうことになり、事態が悪化してしまうことがあるのです。

つまっているのがトイレットペーパーであれば、時間を置くだけで解消することがあります。トイレットペーパーは水に溶けるので、1時間や2時間放っておくと、自然と溶けて流れることがあります。少しでも早くつまりをなおしたいのであればラバーカップを使うのもいいですが、ラバーカップで解消しないなら無理をせず、時間をあけて様子を見てみましょう。

一方で、つまっているのが携帯電話など硬いもので、排水路に引っかかっているのであれば、ラバーカップではなく手を使って取り出すのがおすすめです。ゴム手袋を使い、異物に触れないか探ってみましょう。異物が便器内の排水路に留まっていれば、比較的簡単に取り出せるでしょう。

しかし、異物が便器の排水路を通り越して便器外まで進んでしまっているのであれば、自分で取り出すのは不可能だといえます。棒などを突っ込んで取り出そうとすると、便器や排水路を壊してしまう可能性がありますし、そもそも届かないところまで進んでしまっているので、このような場合は業者を呼ぶのが正しい判断だといえるでしょう。それでは、最後につまりの予防について説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket