つまりを予防するには

トイレは正常に使っていればめったにつまることはありませんが、物を落としてしまったり固形物を流してしまったり、といったことでつまりやすくなるものです。また、他にも、何気なくしていることがつまりの原因になっている可能性があります。ここで、トイレのつまりの原因をつくらないためにできることについて考えましょう。

基本的なこととして、携帯電話や鍵など、異物を便器に落としてしまったときにはすぐに取り出しましょう。こうした固形物が排水路に引っかかっていると、しばらく問題なく使える場合でも、徐々にそこにペーパーなどが蓄積され、流れなくなってしまうでしょう。

ティッシュペーパーまた、生理用ナプキンや水に溶けないティッシュペーパーなども、つまりの原因になるので流してはいけません。さらに、食事の残飯や細かいゴミなどをトイレに流して処理する人もいますが、固形物は小さくてもトイレのつまりの原因になるので流さないようにしましょう。

トイレがつまりやすくなる別の要素として、節水のためにタンクの水量を調節していることが挙げられます。タンクにペットボトルを入れておくと、タンクに溜まる水の量を減らせるので節水になります。しかし、あまりにも水量が少ないと、一見流れたように見えても排水路にペーパーが留まっていることがあり、つまりの原因になります。タンクの水量は、十分に流れる程度に保ちましょう。

以上のポイントに注意し、トイレのつまりを防ぎましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket